海から出た魚

広く浅く。多趣味な人間の気ままな人生を綴ります。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

PlayStationVR簡易レビュー ワクワク→絶望→めちゃくちゃ楽しい

0   0

PlayStationVR、昨日届きました!


抽選でたまたま当たってからかなり待った気がします。(実際は1ヶ月くらいしか待ってない)

とりあえず開封の儀から。

一応一眼レフで撮りましたが最初の方の写真はライト炊き忘れてました。ショック…(笑)

それと本当に簡易レビューなので詳しい仕様などが知りたい人は公式見たほうが早いです、はい。

PSVR外箱開封

外箱開けた様子です。ここからしばらくマトリョーシカ的な箱攻めが続きます(笑)

PlayStationVRと書いてある下に丸く透明のシールで箱が止められています。

これ、シール剥がすと開きっぱなしになるんですよね。もう少しどうにかならなかったのかな。

開きっぱなしっていうのは後の写真で意味がわかると思います。

PSVR本体箱 

外箱から取り出しました。

自分の場合はPlayStationCamera同梱版を購入したので箱がデカイです。

PSVR本体箱アップ 

やっぱりワクワクしますね、「VR」の文字だけでこんなにも心が躍るとは(笑)

PSVR箱1

はい、こんなふうに開きます。

この花弁みたいに開いた厚紙が一度開くともとに戻らないんです…。

結構かさばるしやめてほしかった。後に自分でテープ貼って開封前の形に戻しました。

PSVR箱2

そして白い箱を開けるとまた箱!(笑)

どれだけ箱だらけなの…。

PSVR箱中身

はい、やっと登場です。でもまだ箱。

この箱には付属部品に番号がふられた絵が描いてありました。

この時点でケーブル類多いと予想がつきました。

PSVR中身2 

箱は全てで2つです。

PlayStationCameraが入った箱とPSVRの接続機器が入った箱です。

上の写真はPSVRの接続機器が入ったもの。

PSVR接続ハブ 

こちらがPSVRの接続機器、ハブです。

意外とコンパクトです、手のひらサイズで軽い。

PSVR接続ハブ表 PSVR接続ハブ裏

ハブの裏と表。

表にはPSVR本体をつなぐプラグ、裏にはテレビとPS4本体をつなぐプラグ(HDMI)。

表の写真見てもらえれば分かるのですが、これ可動式です。

何故こういうデザインにしたのかは謎ですが…(笑)

こういうギミックは「おおっ」としてしまいますね、意味が無いと思っていても。

PSVR接続ハブコード PSVR接続ハブコード2

ケーブルは4種。

1はHDMIケーブル
2はPS4本体とこのハブをつなぐケーブル
3はハブに電源を供給するためのケーブル
4はVR本体とハブを接続するためのケーブル

これとは別にコンセント付き電源コードも入っておりました。
3と併せて使用します。

PSCamera箱 

PlayStationCameraの箱です。

こちらはかなりシンプル。

PSCameraケーブル類 

PlayStationCameraとCameraを固定する器具、先述した電源コード。

ふと疑問に思ったのが、何故ハブに使用する電源コードがCameraのほうに入っているんですかね?

まあそれはおいておいて…

PSCamera本体 

こいつがPlayStationCamera本体です。

ギョロッとしてる、思った以上にギョロッとしてる!(笑)

PSVR本体ヘッドセット 

はい出ましたPlayStationVRヘッドセット!

意外と軽い!慎重に扱わないとすぐ壊れそう!

というのが第一印象でした(笑)

やっぱり本体見るとワクワクします。しかしまだまだ接続は終わらず…。

写真を一通り撮り終えてから接続に入ったので結構時間かかりました。

マニュアルも入っているので接続自体の難易度は低いと思います。

というかこれで難しかったらもうゲームやめたほうが…(言い過ぎ)

部屋を一新したこともあり、なるべくケーブル類はひと目につかないようにしたかったので

それを考えるのに一番苦労しましたね。

接続後のテレビ周りをTwitterに上げたのでそれも紹介しておきます。

<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">配線全て終えた様子。テレビの上に台買ってそこにカメラ設置。極力配線を隠した結果なので満足っちゃ満足。<br>2枚目はローボードの中。下段AVアンプ、上段左PS4、右にPSVRの接続機器。<br>3枚目はローボードを閉じた時の様子。VRに繋げる配線がどうしてもはみ出ます。<a href="https://twitter.com/hashtag/PSVR?src=hash">#PSVR</a> <a href="https://t.co/1nuNjGQiEl">pic.twitter.com/1nuNjGQiEl</a></p>&mdash; Mokusaku (@mokusakurock) <a href="https://twitter.com/mokusakurock/status/786419127904706560">2016年10月13日</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

音はHD598を使用するつもりが開放型と言うのもあり上手くハマらなかったんでONKYOのE700Mを使用しています。

<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">ヘッドホンはHD598使おうと思ったけど幅の問題でVR装着出来ず。<br>仕方ないのでONKYOのE700Mを使いました。<br>VRの装着感考えたらイヤホンのほうが正解かも。もちろんカナル型オススメ。<a href="https://twitter.com/hashtag/PSVR?src=hash">#PSVR</a> <a href="https://t.co/3xkR0IfoST">pic.twitter.com/3xkR0IfoST</a></p>&mdash; Mokusaku (@mokusakurock) <a href="https://twitter.com/mokusakurock/status/786410301923008512">2016年10月13日</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


そしてプレイした感想ですが…

初回プレイ時は10分で酔いました。

どんなゲームをやっても酔ったことがなかったのでビビりました。

その後2時間ほどダウン…。

さいわい酔い止めがあったのでそれを即飲んでなんとか回復。

リベンジです。

2回目。

お?あまり酔わなくなった?

(調子に乗り激しめのゲームをプレイ)

ぬあああああ無理!ギブ!

酔う前にすぐやめたので酔いはしませんでしたがそのまま続けてたら初めの二の舞いになるところでした。

しばらく普通にゲームをプレイし、3回目の挑戦。

いける!最初に酔ったゲームで酔わなくなった!

奥スクロールもなんとか大丈夫!

いやぁ慣れって怖いですね(笑)

3回目からは1時間ぶっ続けでプレイすることが可能になりました。

1時間以上は目がつかれるので厳しいですね。

これで映画観れば最高なんだろうなぁとか思いましたがまだまだ先は長そうです。

激しい場面が続くとやっぱり酔いが来そうになりますね。

ちなみに今日も1時間ほどプレイしましたが余裕でした。

外しても少しぼやーっとするくらいでなんとも無しです。

早く完璧に慣れたいですね。

ちなみに実際にプレイして楽しかったゲームは
・VR WORLDS
・KITCHEN
くらいです。

これからに期待ですね。

かなり簡易的なレビューでした。

では。また。


スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mokusakurock.blog.fc2.com/tb.php/272-54d61d24
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。